買い替えのタイミングって結構悩みますよね?

毎年のように車のモデルチェンジ、新車の発表などがあり今乗っている車はどんどん古くなってきてしまいます。ですが、車はとても高価な買い物であり、家電のように簡単に買い替えるなんてことはできません。

 

 

ですが、車は消耗品であるため、日に日に劣化していきますし、車の買取額は下がっていくのは間違いありませんし、同じ車を何十年と乗ることも燃費や安全性を考えても現実的ではありません。

 

では、車の買い替え時期はどのようなタイミングがよいのでしょうか?調べてみました。

 

 

車を買い替えるタイミングでどうしても変えなければいけないのは故障した時でしょう。故障した車をそのまま所持するなんて自動車保険や自動車税などを無駄に支払うことになるのでありえませんよね。

 

 

ですが、故障して乗れなくなるような車は大抵リコールのあった車か外車くらいです。日本の車はとても性能が良く、しっかりとメンテナンスを行っていればそう簡単には故障しません。通勤で毎日何十キロも走っている車であろうと、手入れ際していればまず故障することはありません。

 

 

中古車販売店に聞いても、消耗品の交換や修理費などでお金がかかるようになったので新車に代える人がほとんどであり、事故でなく自然に故障して走らなくなってしまったので買い替えるなんて人はまずいないとのことです。

 

 

消耗品をしっかりと交換して大事に乗れば10年以上乗れるなんてことも普通にあります。一番お金がかからないのは、本当に故障するまで乗りつぶすのが一番良い方法ともいえます。ですが、あまりにも長く乗っていれば車体は色あせてきますし、燃費も悪くなりますし、なにより他の車に比べて古臭く感じてしまうようになってしまうのは間違いありません。

 

 

 

乗りつぶさないまでも、ある程度長く乗りたいのであれば、その期間は現在では13年が目安となります。というのも、購入してから13年経過した車は自動車税と重量税が高くなってしまうんです。そのため、燃費や部品の交換などの維持費があがら、さらに税金も上がってしまう13年で車を買い替えることをおススメします。とにかく長く乗っ
ていれば様々な部品に限界が来て、10〜15年の間に車の部品のほとんどが限界を迎えます。

 

 

タイヤはもちろん、ワイパー、ドア上部に付いている雨などの水の浸入をふせぐウェザーストリップというゴムなどなど交換すると一気にお金が必要となるかもしれません。そういった意味でも13年目をむかえたら、そのまま乗るのか買い替えるのかしっかりと検討した方がよいでしょう。走行時に特に気にならず、問題なく走れるような車なら車検を通しても問題ないと思いますが、走行時の揺れやエンジン音など気になるところがあるのであれば、それはさらに増えていく可能性が高いですので、買い替えを検討するとよいでしょう。

 

 

ですが、13年も経過してしまっている車の買取額は本当にはした金であり、次の車の購入費の足しにもならず、逆に無料で引き取ってもらうくらいでお金にならないかもしれません。売却時に高く売りたいのであれば、売却時期を早めた方がよいでしょう。

 

車の買取で一番高く売れる時期は、購入時から3年未満、かつ走行距離が3万キロ以下といわれています。

 

 

ですが、この時期の車は逆に中古車としては値段が高くなりやすいため、買い手がつきにくいなんてこともあるので、一番買取価格として理想は購入時〜5年未満でかつ走行距離が3万キロ未満が良いといわれています。

 

 

また、車の売却としてちゃんとした買取額が出るのは購入してから7−8年が限界といわれています。そのため、8年を経過した車はそうとうな故障でもない限り、長く乗り続けて可能であれば13年まで乗りつぶすくらいの気持ちの乗った方が良いと言えますね。