似た言葉ですが意味は全然違います。

新しく車を購入する際、今まで乗っていた車を誰も乗らないのであれば、手放すことになると思います。

 

その際、車を手放す方法はおおよそ2つの方法があります。

 

それは買取か下取りです。どちらも同じような感じですが、実際車の買取と下取りは何が違うのでしょうか?

 

買取も下取りもどちらも車を買い取ってもらうことにはかわりありませんが、その売る先の違いによって変わってきます。

 

買取は中古車買取業者に買い取ってもらい、下取りは新車を購入する時に前の車を同時に買い取ってもらうことになります。

 

どちらも車を買い取ってもらうので同じように見えますが、実は全然異なるんです。それぞれにメリットとデメリットがあるんです。

 

買取って何?

買取のメリットは下取りよりも高く買い取ってもらえる可能性があることです。買取は中古車販売店に車を持って行くか、自宅に担当の人に来てもらい、査定を行います。下取りと異なり買取業者が直接買い取ってくれることになるので、中間マージンが発生することがないですので、高く買い取ってもらえる可能性があります。また、下取りではその新車を購入する店でのみの査定になってしまいますが、買取業者は全国にたくさんあるため、その中から一番高く買い取ってもらえるところを探すことができることもメリットの人です。反面、デメリットとしては1社だけでは高く買い取ってもらえるかは不明ですので、何社かを回る必要があり手間がかかります。また、買取では新車を購入するところとは別のところで売却することになるため、購入と売却が異なるために手間が倍となります。

 

下取りって何?

下取りのメリットは、新車を購入することと一緒に前の車を手放すことが出来ることです。買取では購入と買取が別のところとなるため手間も時間もかかってしまいますが、下取りではすべて1つのところで行えるため手間がかかりません。また、下取りをすることにより、安く買いたたかれそうな古い車でも、新車を購入することで高く下取りをしてもらえる可能性もあります。最初の見積もりでは1ー2万円しかつかなかった車が、交渉次第で10万円になるなんてこともあります。新車を購入する分、下取りが高くなることはよくあります。ですが反面、あえて下取り価格を最初に低く設定して、後からそれをつり上げて特をしたかのように見せかけているという販売店の手法かもしれません。また、下取り後、店によってはそこから別の車買取業者に転売することもあり、そこで手数料がかかる分、買取よりも安くなってしまうことが多いです。

 

 

買取と下取りはどちらも同じようですが、実は意味が全く違うのです。車を手放すときは、新車を購入するときに同時に下取りをするのか、別の買取業者に買い取ってもらうのかしっかりと吟味する必要がありますよ。

 

 

手間ですが一番のベストは、買取業者の何社かに見積もりを出してもらった上で、その査定額をもって新車を購入する店に行くことです。

 

 

せっかく新しい車を購入するんですから、少しでも高く車を手放した方が特に決まっていますよね^^

 

 

売る前に必ずしましょう。一括査定はコチラ