ローンが残ってても廃車に出来るの?

車を事故などで廃車にするしか無くなってしまった場合、ローンを完済している車なら全く問題ありません。

 

しかし、ローンが残っている車であった場合、廃車にすることができるのでしょうか?

 

ローンを支払っているということは、その車はまだ完全に自分の物になっているわけではありませんよね。

 

とはいっても、乗れなくなってしまった車をずっと所持してローン完済まで待つなんてことはありえませんよね。

 

車に乗っているたいていの人が、ローンを組みながら乗っていると思います。そういったときに事故をして廃車にしてしまった場合、ローンが残っている車の廃車の手続きとはどのような流れになるのでしょうか?

 

 

まず、一番重要なのはその廃車となる車の所有者が誰になっているかということです。車の所有者が誰になっているかで廃車が簡単にできるかどうかに分かれます。車の所有者の確認には、自動車検査証いわゆる車検証で知ることができます。車検証の真ん中辺りにある、「所有者の氏名または名称」と言う欄で確認することができます。

 

@所有者が自分の場合
ここの名前が自分の名前ならなんら問題ありません。たとえローンが残っていたとしても、誰かの許可をとるわけでもなく自分の判断で車を廃車にすることが可能です。もちろん廃車にしたとしても車のローンは残りますので、その返済をしていくだけです。

 

A所有者が自分以外(ローン会社や自動車販売店など)
所有者の欄が自分以外の誰か、たいていはローン会社か自動車販売店の名前になって居ると思いますが、そういった場合は勝手に廃車にすることは出来ません。その所有者(ローン会社もしくは自動車販売店)に廃車する許可をもらいに行く必要があります。その許可をもらうことを、「所有権の解除」といいます。

 

所有権の解除の手続きとしては、その所有者に連絡して事情を説明する必要があります。車が廃車になるような状態になってしまい、修理費が新車購入代よりも高くなってしまうような場合は、許可が下りることがほとんどです。所有権の解除をしてもらえれば、その車を廃車へ出すことが可能となります。廃車の手続きは、自信で車を近くの運輸局や軽自動車協会に持って行って手続きを行うか、廃車手続きの代行業者に委託する方法のふたつの選択肢があります。まれに、ローンが残っているため、廃車にする前にローンの一括返済を請求されることもあります。そういった場合は、ローン完済するまでは所有権の解除をしてもらえないため、残っているローンの残高を一括で返済する必要があります。

 

 

車を廃車にするかどうかの判断は所有者が決めることですので、これは従わざるを得ません。とはいっても、それは残高が数十万などの少額那場合であり、ローン残高が数百万など一括で返済することが容易でない場合は、廃車の許可が出ることがほとんどです。実際、こういった場合にはどうなるかをローンを組む前にしっかりと確認しておいた方が無難です。廃車したいけど所有者から許可が出ないなんて事があったら大変ですからね。

 

 

廃車に出来たからとはいえ、ローンがなくなることはありません。車がなくなり、借金だけ残るなんて事も現実にあり得るわけですから、事故でもしっかりと補償してくれる保険などに入っておくことも大事かもしれませんね。

 

 

廃車にする前に自宅で無料査定しませんか?