意外と大変?廃車手続きの方法はコチラ

廃車手続きをするまでには個々の事情があります。所有者が亡くなった場合や所有者がディーラーやローン会社の場合など、ちょっと特別な廃車手続きは別として、今回は通常の廃車手続きについて説明しようと思います。

 

@廃車にする車を解体する
自分で解体するのは不可能ですから、ほとんどの方が解体業者に依頼すると思います。依頼して解体業者に解体して貰ったら、解体を証明する「解体証明書」を解体業者から受け取ります。
Aナンバープレートの取り外し
業者に解体依頼した場合は解体業者から受け取り、廃車手続きをするまで大切に保管しましょう。車の前後2枚分必要です。
B廃車手続きに必要な書類を集める
【印鑑証明書】廃車にする車の所有者の印鑑証明書が必要ですので、近くの市役所等で発行してもらいます。
【印鑑】認印やシャチハタは認められず、印鑑証明書と共にその実印が必要です。
【自動車検査証(車検証)】自動車が保安基準に適合している事を示す証明書です。ディーラーや車検専門店などから車検後に貰えます。
【住民票】もし車検証にある所有者の住所が引越しなどにより印鑑証明書と異なる場合、住所を証明する為に住民票が必要です。住所が同じなら必要ありません。
【委任状】車の所有者以外の人が代理で廃車手続きを行う場合、委任状が必要です。
C陸運局で必要書類を集める
陸運局の用紙販売所で「抹消登録証明書」と「手数料納付書」を購入します。
Dナンバープレートの返納
永久抹消登録する自動車のナンバープレートを、返納窓口で返納します。返納が完了したことを確認する「確認印」や「確認シール」がもらえます。

 

D陸運局で必要書類を提出する
必要書類に記入をし、窓口に書類一式を提出します。提出後に「抹消登録証明書」という用紙が渡されます。もし自動車の廃車手続きが一時抹消登録の場合、再度車を登録する際にこの抹消登録証明書が必要になります。大切に保管しておきましょう。
E自動車重量税の還付手続き
もし永久抹消登録する自動車の車検が1ヵ月以上残っているのなら、自動車重量税の還付がうけられます。陸運局に自動車重量税還付の申込書があるので、銀行名などを記入して提出します。約3ヵ月後に指定した銀行に振り込まれます。もう1つ、自動車税の還付を受けれる場合もあります。陸運局と同じ敷地内にある自動車税事務所で、自動車税申告書をもらって必要事項を記入して下さい。その後窓口へ提出します。この手続きを行うことで、自動車の廃車手続きを行った日の翌月から年度末までの自動車税が返還されます。振込先の口座情報を持って行く事を覚えておいて下さい。

 

 

廃車にする前に自宅で無料査定しませんか?