知っていなきゃダメな自動車リサイクル法

車を購入するときに、絶対に支払わなければ行けないお金がたくさんありますよね。その中でリサイクル料なるものがありますよね。これが何かをなんとなく知っている人はいると思いますが、何故払わなければいけないのか説明できる人は少ないと思います。

 

 

車に乗る以上、リサイクル料が何故発生するかを知っておくことはとても大事なことです。

 

 

リサイクル料金を支払うようになったのには、自動車リサイクル法によって定められているのです。自動車リサイクル法とはいったいどのようなものなのか紹介したいと思います。

 

 

なぜ自動車リサイクル法が制定されたのでしょうか?
それは自動車の処分する際に出る廃棄物を捨てる場所が少なくなったことと、それにともない不法投棄が増えてしまったこと、不法投棄される恐れがあることなどが要因となっています。

 

日本の自動車処分事情

日本は1年間の間になんと300万代以上の車が廃車となり処分されています。車の処分の方法はいわゆる解体ですが、全てを解体して処分するわけではないのです。自動車には多くの金属が使われており、それらは再利用、つまりリサイクルすることが可能なんです。

 

 

自動車のなんと8割以上がリサイクルされているのです。使える部品はそのまま使ったり、タイヤは燃料になったり、利用できる金属などは溶かしてまた別の物に利用されます。残りの2割はシュレッダーダストといわり、再利用出来ない物を細かく粉砕してできた廃棄物となります。

 

 

これらを捨てる場所は年々少なくなってきてしまい、埋め立て処分の費用も高等化してきてしまいました。また、エアコンの冷媒に利用されているフロンなどは正しく処分しないとオゾン層の破壊などの地球の環境に悪影響を及ぼすことになるなど、自動車の処分は専門的な技術を持って適切に処分する必要があるのです。

 

 

そこで、2005年1月にこれらの問題を解決するために自動車リサイクル法が制定されたのです。

 

 

自動車リサイクル法で定められていることは大きく分けて3つあります。

 

1つは自動車のメーカーや輸入業者には、車の解体時に出る、シュレッダーダスト・フロン類・エアバック類などを引き取り、処分やリサイクルするように義務ずけています。

 

 

2つ目は処分やリサイクル費用は、リサイクル料金として自動車の所有者が負担するように義務づけています。

 

 

3つ目はリサイクル料金は、その自動車がはいしゃとなるまでは資金管理法人が預かり厳重に管理をし、関連事業者における廃車のリサイクルがどのように行われているかなどの実施状況は情報管理センターが管理することとするとなっています。

 

 

 

自動車リサイクル法の対象とうなる車は、ほぼ全ての車が対象となっています。トラックやバスなどの大型車や、特殊車両、ナンバープレートのついていない公道を走ることが出来ない車ももちろん対象となっています。ちなみに対象外なのは、被牽引車・二輪車・スノーモービルや農業機械や林業機械などのその他政省令で定めているものとなっています。

 

 

 

リサイクル料金は新車を購入し、初回の車検の時に支払うようになっています。リサイクル料金を支払うことで、料金を支払った証明として自動車リサイクル券というものをもらうことができます。リサイクル券は車を廃車にする時に必要となる物なので大事に保管しましょう。

 

 

 

基本的にリサイクル料金は車を廃車する時、その時点での所有者が負担することになるため、車を下取りは売却などで手放したときは、リサイクル料金を返金してもらうことが可能です。車を手放す際にそのことを知らずにリサイクル料金分を受け取らないと損をしてしまいますので、必ず確認をするようにしましょう!

 

 

以上の様に、自動車リサイクル法とは車が正しく処分され、その費用を廃車にする際の所有者に負担してもらうように定められているということになります。車に乗っている以上、この法律についてしっかりと覚えておくと良いでしょう。

 

 

無料一括査定はコチラ